Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hal01.blog1.fc2.com/tb.php/195-8dc0ed00

-件のトラックバック

-件のコメント

[C31]

わー
なんていうか、そんな気ままな旅もいいかも。
自分も見習ってみたいぐらいです。
仕事が山積みなので、なかなか現実は厳しいですが・・・
いつか、そんな旅をして、写真撮って、過ごしてみたいです。

[C32]

ふらっと遠出、なかなか面白いです。
出掛ける直前まで『出掛けよう』と思わないことと、
切符を買わないこと(パスモとかスイカで移動)が
行き先を見失うコツです。
時間がない時は、いつもの路線の降りたことのない
駅とかでも楽しいですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

旅上

路地裏

かつて萩原朔太郎は、その作品『旅上』において、
『ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し』と詠った。
それでせめてもと『あたらしき背廣をきて きままなる旅にいでてみん』と
するのであるが、彼が実際どこへ行ったのかは詩には記されていない。
朔太郎は前橋の出身なので、上野行きの上り列車にでも乗ったのかも
しれない。いずれ気侭な旅なのだから、行く先なんてどこでもいいのだ。

そんな詩をふと思い出した土曜日、朔太郎の真似をして私も
『きままなる旅』に出た。何日か前、理由は分からないが突然尾道に
行きたくなったのだが、尾道はフランスほどではなくともあまりに遠い。
それで新しい背広はないが、せめてもカメラを持って海へと走る電車に
乗ったのであった。

取り敢えず小田原で降りたのは、乗った路線のそこが終点だった為で、
たいした意味はない。ここまで来たはいいがさてこの後どうすべきかと、
ホームで缶コーヒーを飲みながら5分ほど考えていたら、修善寺行きの
スーパービュー踊り子号がやって来た。それでふらりと乗ってみたら
車掌が来て、特急券は有りやと訊ねられた。勿論持っていないし、
それ以前に私はこの電車が終点の修善寺以外のどこに停まるのかさえ
知らない。だが車掌は特急券の発券機を手に、どこから来てどこへ
行くのかと訊く。来し方はともかく行く末はこっちが聞きたいと思いつつ、
それでも数瞬考えた後、辛うじて思い出した駅名を告げた。
そんなわけで私の『きままなる旅』の着地点は、熱海と相成ったの
だった。

そこから先は海見て廃墟見て写真撮って蒲鉾買って東京帰って
旅終了。前置きが長い割にざっくり過ぎにも程があるまとめだが、
本当にこれ以上でも以下でもなかった。
計画を立てて行く旅は着いてからを楽しむ為のものと思えるが、
行方さえ定めぬ旅は着くまでが面白い。思い出は残らず、淡々とした
事実だけが記憶されるのみだが、そういうのも悪くない。

※写真加工はこちら→『幕末古写真ジェネレータ
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://hal01.blog1.fc2.com/tb.php/195-8dc0ed00

0件のトラックバック

2件のコメント

[C31]

わー
なんていうか、そんな気ままな旅もいいかも。
自分も見習ってみたいぐらいです。
仕事が山積みなので、なかなか現実は厳しいですが・・・
いつか、そんな旅をして、写真撮って、過ごしてみたいです。

[C32]

ふらっと遠出、なかなか面白いです。
出掛ける直前まで『出掛けよう』と思わないことと、
切符を買わないこと(パスモとかスイカで移動)が
行き先を見失うコツです。
時間がない時は、いつもの路線の降りたことのない
駅とかでも楽しいですよ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

ハル

  • Author:ハル
  • 横浜市在住。カメラはOLYMPUS派。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。